長谷川です^^


僕の元には一日に本当に多くの相談や質問がきます。



これ一日のメールの送信ですが

個人アフィリエイターとしてはかなり

色々な人の相談や質問に受け答えしています。


↓ ↓ ↓


メールでの問い合わせ 




完全にアフィリエイトで独立して

時間はあり余っているので対応自体は

何もなければ即レスしています^^



そんな中で最近、気になるのがこういう問い合わせです。



「○○という情報商材は稼げますか?」

「○○という情報商材はもう古いと聞きましが今でも稼げるものですか?」

「○○という情報商材はいくら稼げますか?」








まず、情報商材の知識として知って欲しいのは

誰しもがやって必ず成果を出すものというのはこの世の存在しないという事です。



もし、そういう表現を使う人がいるのであれば 詐欺師か誇大広告です。


価格に対して

そのノウハウで何を学べるかが評価の対象で

稼げるか否かは、人によって違います。


要は、そのノウハウをそれぞれがどうの様に生かすかです。



ここが非常に大切で自分を稼がせてくれるノウハウを

求め続けてもまずその人は稼げないという事です(^^;



そういった意味で最近リニューアルされた

下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~

という情報商材はかなりこの部分で評価できると思います。


下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~

【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~ バナナデスク




特定商取引法に関する表示


販売社名:株式会社MOVE
運営統括責任者:岡田 崇司
所在地 :〒589-0013 大阪府大阪狭山市茱萸木3-1311-1グレース101号

下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~ バナナデスクの内容は?




まず、下克上ってトレンドアフィリエイトの情報商材というイメージが強いですが

(そもそも、販売者自身もトレンドアフィリエイト教材として売っているわけですがw)

実は、トレンドアフィリエイトを学ぶためだけのノウハウではありません。



下克上∞(MUGEN)】を一言で説明するなら



「検索エンジンからアクセスを集める一番シンプルなノウハウ」



です。



ここが重要で



多くのアフィリエイトへ参入する人が

情報商材を買ってつまづく原因は、

まず集客するという事に重きをおいていないという事です。



結構、コピーライティングとかの高額塾などで

数十万使って全く稼げなく困り果てた人が相談にきますが

当然と言えば当然です。



そもそも集客するという部分がなければ

どんなにコピーライティングを学んでも稼げるわけがありません(^^;



下克上∞(MUGEN)に限って言えば

この部分で本当にシンプルな方法で広告費をかけないで

検索エンジンから集客する方法が書いてあります。




しかも、なん十分の一の価格で学べる

ので本来ならここから出発するべきなんですね。



それから、多くの初心者にとっては

確実に色々な事を学ぶとパンクするという事です。



初めから、アレコレ学んでも

初心者であれば頭がいっぱいになって何をして良いのかがわからなくなる。

これって僕が多くの0からスタートする人から相談を受けていて感じる所です。



そういった意味でも下克上∞(MUGEN)はやる事がシンプルです。



脱ノウハウコレクターのノウハウみたいなキャッチコピーが

下克上の旧バージョンにはありましたが正にそれです。



下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~ がバージョンアップされてどうなったのか?




ちなみにこの下克上は、旧下克上から

下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~ にバージョンアップされましたが

ますます、上記で書いた様に単なるトレンドアフィリエイトの教材というよりは

一番、ネットからシンプルに集客する方法という側面が強くなりました。



コンテンツもバージョンアップされて

本当に価格と内容を考えると評価に値すると思います。



物販アフィリエイトでの集客方法なども

書いてあってより普遍的に0⇒1を達成しやすい情報商材という感じです。




ちなみに、下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~ですが


僕はこんな特典とサポートをつけているのですが


ぜひ、こちらは活用して貰いたい所です。



↓ ↓ ↓


下克上∞(MUGEN)の特典やサポートについて




下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~は

コンテンツ自体でも十分ですが

それ以上に特典とサポートでより稼ぎやすくなると思います。



それでは、今日はこの辺りで




長谷川でした。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加