長谷川です。



只今、草津温泉に来ておりますw

旅先からブログを更新しています。


ここは毎年訪れる場所なのですが、

それにしても今日あたりから人が多いですね^^


今年は「山の日」(11日)の導入で

ピークが分散かと言われていますが

実感する所です。


それにしても、暑い日が続きますね~

今日なんか避暑地に来ているのに

正直、死にそうでした(笑)



毎年夏ってこんなに暑かったっけと

思いますね(^^;



さて、今回の無料オファーは、「ネット出稼ぎ大富豪の教え 原田正文×フィリップ」


というものについてです。




なんでも、iPhoneを記録的に売り上げた

かのスティーブ・ジョブズがその手法をiPhoneのプロモーションに


利用した方法らしいのですが


こういう無料オファーで言っている事は嘘が多いので

実際はどうなのでしょうか?



さっそく、みていきましょうw



ネット出稼ぎ大富豪の教え 原田正文×フィリップ



ネット出稼ぎ大富豪の教え 原田正文×フィリップ 

【特定商取引法に関する表記】
 
■事業者     株式会社ビッグオー

■事業者の所在地 〒103−0013 東京都中央区日本橋人形町1-12-11 402



ネット出稼ぎ大富豪の教えとはと原田正文?



ネット出稼ぎ大富豪の教え動画


この動画の主な主人公は2人です。


左の原田正文さんと右のヒルトルフィリップ太郎さんです。



右のヒルトルフィリップ太郎さんが

このネット出稼ぎ大富豪の教えの手法の提供者らしいのですが

この方は「大富豪民族の日本支社代表」というわけのわからない

肩書をお持ちらしいのですが



ネットで検索しても僕が検索した範囲では出てきませんねw



何の組織なんでしょうか?(笑)



ヒルトルフィリップ太郎さんという名前にしても

検索するとこの「ネット出稼ぎ大富豪の教え」に関する記事か

個人のファイスブックやブログだけが表示されます。



凄そうな人物ですが一体何をしている人なのかが

見えてきません。



ちなみに、ナビゲーターの原田正文は

過去にこんな高額塾をやっていました。


「善良な企業や個人企業を救うヒーロービジネス」(笑)


↓ ↓ ↓

原田正文 




内容的には、プロダクトローチンです。


ネット出稼ぎ大富豪の教え大富豪はプロダクトローチン?




プロダクトローチンとは、



無料オファーに登録する(メールを登録)

↓ ↓ ↓



動画が何話か送られてくる


↓ ↓ ↓


最後に高額塾(売りたい商品を紹介)




という展開のアレですw



正に、この「ネット出稼ぎ大富豪の教え」がプロダクトローチンの手法です。


ただ、これって


素人が簡単にできるものではないですし

そもそも何を販売するの?という事です。



例えば、高額塾をプロデュースするにも


リスト持っているアフィリエイターに

紹介料を払って、紹介をするわけです。



つまり、広告費が普通にかかるという事です。



1メール辺り、500円~1000円以上の紹介料がかかりますから

それだけ高額のものを販売しないと割に合わないわけだし

初心者からしたら相当リスクがあるわけで



この「ネット出稼ぎ大富豪の教え」のLPに書いてある様な



「誰でも実践できて云々」といったレベルのものではないです。





そもそもこの「ネット出稼ぎ大富豪の教え」という無料オファーも

アフィリエイタトセンター使って、広告費をばら撒いて

集客しているわけですからね(^^;



それから一番不明なのは

なぜ、この「ネット出稼ぎ大富豪の教え」は手法を初めから明かさないのか?



ここは大きな疑問です。



例えば、プロダクトローチンであれば

「プロダクトローチンです。」と言ってしまった方が


それを求める人が集まりますから

広告費もかからないで済むはずなんです。


そもそも、初めから興味を持たない人を

内容を隠して登録させても見込み客にならないですから

広告費が余計にかかるだけですから(^^;



そう考えると

かなりネット出稼ぎ大富豪の教え微妙だなぁ~って思いますね。



後、初心者とかお金をネットで稼ぎたいのであれば

やはり集客は広告費がかからない方法でやるのがベストです。


そういう方法があるのだから

それからやらない手はありません。




具体的はこういう方法です。



↓ ↓ ↓



広告費をかけないネットビジネス




参考になれば嬉しいです。



長谷川でした。








人気記事:





正しいネットビジネスの初め方




完全無料の真面目な優良ネットビジネス講座です^^


↓ ↓ ↓








貧乏サラリーマンが逆転して自由を手に入れた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加