長谷川です。


とりあえず、日本へ昨日の夜に帰ってきて

今日からフルパワーで活動開始です^^


久しぶりに日本に帰ってきたら

なんか涼しい様な気がしますね。。。。



このまま秋に向っていくのも寂しい気がしますが

暑いのも嫌だという複雑な気持ちです。



さて、ネットビジネスの話題に戻りますが 



最近、無料オファーも



ローチン動画 ⇒ 高額塾 




というパターンより



セミナー  ⇒ 高額塾 



が多い気がしますね。



これもそうですね。

東たかのり「メイクルマスターズセミナー」


東たかのり「メイクルマスターズセミナー」 



販売業者 東たかのり

所在地 〒545-0001大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北2-12-5



まず、ぱっとみ転売の様ですね。


転売に関して言えば


● どこで仕入れて

● どこで販売するのか?




ここが全てと言えば全てです。

「メイクルマスターズセミナー」とは?




この東たかのり氏の「メイクルマスターズセミナー」のセミナー予約の

LPを見ているとどうやらメイクル独自のルートで製造された

商品を仕入れて、アマゾン、ヤフオク、メルカリなどで転売する流れの様です。




つまり、工場から直接中間仲買人を飛ばして

商品を安く仕入れて転売するという事です。



最終的には、自分のオリジナル商品を作って

販売するというのが独自のノウハウの様です。



ただ、僕もかつては転売をやっていましたのでわかりますが、

これは一見素晴らしい様でいくつかリスクが高いのも事実です。



まず、一点


独自ルートで作られた商品が何であるか?



転売の基本ですが需要があるから

モノが売れるわけですが、需要のないものを

いくらどこに出品しても売れません。


オリジナル商品なんて更にハードルが高いです(^^;



世の中の商品は信頼と言う名のブランドがあるから

売れるわけで何でもかんでも安く仕入れても

買い手がなければ在庫を抱えるだけですからね(^^;



続いて二点目



独自ルートが潰れたらどうなるのか?



仮に仕入れ⇒販売までが成立しても

独自ルートがなくなった時点でその手法はお終いです。



以上の二点により


東たかのり氏の「メイクル」という手法は

正直、僕にはかなり微妙に感じます。


東たかのり氏とセミナーについて



東たかのりさんに関して僕が不思議に思ったのは

なぜ、「たかのり」という名前がひらがななのか?


アフィリエイターのHNあればわかりますが

彼は販売者ですから、違和感がありますね。



調べてみると



過去に東考徳という名前でラストランプ社の斎藤和也氏と一緒に

高額塾を出していた過去もある様です。




ラストランプ社の斎藤和也氏といえば

この業界では良い噂は聞きません(^^;



東たかのりさんと名前の表記を平仮名にしているのは

検索逃れなのか?は知りませんが変える理由もないはずです(^^;




いずれにしも



このメイクルというのは色々と疑問点も多いし

セミナー自体は必ず高額塾の売り込みの為に存在しますから

行く意味もないと思いますね。



ここからは僕の個人的な意見ですが

そもそも転売ってそんなにキツイなら

やらなればいいのにと思いますね。



在庫を抱えたり

作業が面倒である


というのであれば

転売以外にもより資産型になる

ネットビジネスは存在しますからね。



転売であれば

転売をちょこっとやってみる

実績を元にノウハウを情報発信してアフィリエイト

したり販売するのが一番割がいいはずです。



正に、東たかのりが「メイクルマスターズセミナー」で

やっている事ですからねw




そもそもライバル不在で

暴利を得ているのであれば

情報発信する必要ないんじゃないのという

疑問は感じますね(^^;




参考まで転売⇒情報発信するノウハウです。 





↓ ↓ ↓

セドクエ


後、全く0の人であるなら物販を販売するのでなく

アフィリエイトすれば完全ノーリスクでしかも

仕組み作りをすれば放置でも毎月7桁くらいの

収益を僕は得ています。



ノウハウはコレ


↓ ↓ ↓


ルレア


こっちの方が僕の価値観からすると

リスクもなく賢く稼げると思います。



長谷川でした。










貧乏サラリーマンが逆転して自由を手に入れた話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加