どうも長谷川です。


最近、youtubeなども活用して集客をしています。




確かにyoutubeは使い方によっては、


非常に有効な使い方ができます。




ただ、世に出てくるノウハウの全てが


信用できるものなのかは、見極めておく


必要があります。




この友利紘大という人物の


YouTube自動キャッシュロボットキャンペーン


というのもその一つです。




友利紘大YouTube自動キャッシュロボットキャンペーン1 


株式会社おもてなし
友利紘大


友利紘大YouTube自動キャッシュロボットキャンペーンのどういうものなのか?




ネットで検索しているとわかる事ですが

友利紘大さんは、ランドオブハンモックYoutuberの白石達也さんとは

子弟関係にあるという事です。



そうであるなら、ある程度

友利紘大さんのYouTube自動キャッシュロボットキャンペーン


も今後の展開は読めてきますね。



つまり、コレと似たようなものになってくると


言う事です。




ランドオブハンモックYoutuberに関してはコチラ。



↓ ↓ ↓



ランドオブハンモックYouTuber 白石達也は稼げない?





ただ、友利紘大さんの



YouTube自動キャッシュロボットキャンペーンについて



これを見てしまうと




ランドオブハンモックYoutubeより


心配になってくるのも確か。



↓ ↓ ↓




友利紘大YouTube自動キャッシュロボットキャンペーン 




検索エンジンにて


「YouTube自動キャッシュロボットキャンペーン」と検索すると



出てくる動画の数々です。



「なぜ、これらの動画検索結果で出てくるのか?」




それは、


全てYouTube自動キャッシュロボットキャンペーンの


URLが挿入されいるからです。




URLをクリックすると

このキャンペーンに誘導される事から




これを友利紘大さんが作ったかは、わかりませんが


キャンペーンに絡んだ動画である


事はほぼ間違いないでしょう。




一か月以上経過しているのに


殆どが10回未満の再生回数です笑




しかも、どれも面白くない(^^;





本当にこれから


友利紘大さんから有益なノウハウ得られるのかは



若干、不安になってきます。




YouTube自動キャッシュロボットキャンペーンの正体は?




肝心なこのYouTube自動キャッシュロボット


というものですが


現時点では明かされていないので、

どんなものかは わかりません。




ここまでは、不安要素がかなり多いのですが




このロボットこそ素晴らしいものである事を


期待しつつ進展があれば、また公開させてもらいます。





長谷川でした。




追記:




このYouTube自動キャッシュロボットキャンペーンに登録して

動画が1話から3話まで送られてくるのですが

全て見終わって大体の事は見えてきました。



まず、最終的にはあるのが、この高額塾。

値段は、29万7000円です。





YouTube自動キャッシュロボットキャンペーン金額 






続いて、YouTube自動キャッシュロボットの正体も見えてきました。



↓ ↓ ↓



YouTube自動キャッシュロボットの詳細 

 


ここから読み取れるのは、


YouTube自動キャッシュロボットというのは


ほぼランドオブハンモック~のシステムと同じであろうと


いう事です。




つまり、



● 動画に誘導動画を挿入する


● LPへ誘導 


● オプトの摂れたアドレスにスッテプメールを流す


● YouTube自動キャッシュロボットを最終的にアフィリエイト 





という流れです。




すごくランドオブハンモック~に似ていますね笑




上記のプレミアムというコンテツに入会した


場合には、報酬額は15万と書いてある事から


この友利紘大氏のコンテンツを最終的には


用意された素材を使ってアフィリエイトしていく


というのは用意に推測できます。




ここで問題なのが


どういった動画で集客していくのか?


という点です。





これは、ランドオブハンモック~でも書きましたが


30万近くもするコンテンツをアフィリエイトするわけですから


並大抵の再生回数では、売れていかないという事です。




つまり、余程の再生回数を生み出せる様な

動画を作る事が出来なければ、そもそも

この高額なコンテンツ代の元を取れるのか?

という問題があります。




もちろん、ランドオブ~で推奨されている様な

著作権のある動画のアップロードするという

手法も最近のTTP絡みの著作権の非親告罪化に伴い

リスクがあります。



これらを考えると残念ながら

僕としてはリスクしか感じないです。




受講期間自体が4か月という短い期間もあり


不安しかないというのが正直な感想ですね(^^;




長谷川でした。














  • このエントリーをはてなブックマークに追加