長谷川です。


2015年ももうすぐ終わろうとしていますが、
最近ネット界の話題としてこんな事がありました。

それは、12月9日に起こったfc2ブログの誤凍結事件です。


これは、多くの有名、無名を問わずfc2ブログを使ったサービスが
大量に一斉に凍結され閲覧できない状態になったものです。


多くの運営者がツイートで無実を訴える悲痛な叫びを
呟く中、この凍結自体が自動検出システムの誤作動という
事でfc2の運営側も認め謝罪に至りました。


ブログは順次、凍結を解かれている様です。



 

fc2ブログ大量凍結


fc2ブログの誤凍結事件でヤラレタブログとその原因





ネットでは今回の事件を「大量凍結祭り」なんて揶揄していますが

凍結された方はたまったものじゃありません(^^;



特に、それなりに育てたブログであれば尚更です。




今回の原因は、冒頭で書いた通りに

「自動検出システム」の誤作動です。




一説によると「ロリ」という言葉が入っていた

為に凍結されたのだとか。



ちなみに、fc2は一般ジャンルでのブログで

アダルト系のコンテンツを凍結の対象としていますが



コンテンツはまともなのに表現上使っているブログ

だけではなくて

「カロリー」「セロリ」(笑)の言葉が入っていただけで

凍結された人もいて大混乱だったとか(^^;



その他にfc2ブログで凍結が起こる理由と対策




今回は、アフィリエイトなどでfc2を使っている

多くの人は無風だったはずですが

アフィリエイトと凍結も無関係ではありません。


fc2の規約だと


「スパム行為」がアフィリエイトには関係してきます。




例えばアフィリエイトでよく規約に触れてしまう

事例として



● サテライトサイト目的での利用

● アフィリエイトだけを目的としたブログ

● 大量にブログを開設する




があり


これらをおこなっている場合は凍結の対象になります。



この場合は、一つのブログだけではなく

ipアドレスなどの情報から芋蔓式に全ての

ブログを凍結されますし



異議申し立てをおこなっても

ほぼ凍結解除になる事もありません。




ですので解決策と言ったら



「覚悟の上でやる」





「規約を守って運営する」



のどちらかですw




ただ、今回の事件ではありませんが


基本的に自動検出システムでやってますので


間違いもないわけではありません。





ですので、自分の胸に手をあてて


身に覚えがなければ運営側に異議申し立てを


おこなえば、解除された事例はある様です。





ちなみに、以下はfc2の規約と問い合わせ先です。

万が一の為に目を通しておくと良いでしょう。


↓ ↓ ↓


fc2の規約と問い合わせ先




長谷川でした。







長谷川のプロフや実績、真面目なネットビジネス講座














 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加