長谷川です^^


今日レビューするのは、
エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)
という商材です。



別名(邪道youtuber育成プロジェクト)

という名前で販売されていますw

(すげえー名前ですね笑)



ちなみに、英語でEvilは「邪悪な」という意味です。
(発音は、エビルじゃなくイーブルじゃなかったけ?笑)




すごく、おどろおどろしいネーミングに圧倒されますが

エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)は、興味深いです。


  エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)




販売事業者名 株式会社バンザイ
販売責任者名 福田功 コンテンツ
提供者名 尾上雄二
所在地 三重県鈴鹿市西条9丁目22番地
電話番号 059-395-6037


エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の概要



じゃあ、エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の
「どこが邪道なの?」という事になりますが、
これは、このノウハウが著作権ギリギリの
動画を投稿するという点がポイントとなります。

つまり、グレーゾーンですね。


エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)
のこのノウハウを説明するのには
正当にyoutubeで稼ぐという事と比較する
必要があります。




例えば、youtuberというのも日本でもも
完全に市民権を得ています。
なんと、子供達の憧れの
職業になっているみたいですね。
年収で億など稼いでいる人もいるみたいです。



但し「俺もやってみよう!」と意気込んで
やっても多くの人はその甘い世界じゃなかったと
現実の壁を知って終わるパターンが圧倒的です
。^^;



実際に、そういう声はとても多いです。



「なぜか?」



当たり前と言えば、当たり前ですが
才能に左右されるからです。
誰もが、歌手や作曲家に憧れてもなれるのは
ほんの一部であるのと同じ理屈です。



特に、ブログと違って
動画系はどうしても情報集という
より娯楽の側面が大きいですからね。



どしても、素人が参入しても
努力次第でどうにかなるものじゃ
ないんですよね。




エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の

場合は、



例えば


●お笑い

●ジャニーズ系

●サッカー

●アニメ



などの需要のある動画を使うので

投稿する動画さえ間違えなければ

確実に一定の再生回数は保証されるという点にあります。



当たり前と言えば当たり前ですよね。

元から人気でている動画を素材として使うわけですから(^^;





ただ、多くの人が疑問に思うのは

それって危険じゃないの?という点です。





つまり、著作権による削除や法的な問題です。


ここに、エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の
ノウハウのポイントがあるわけです。




エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)は違法か?




エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の一番のミソとして


●著作権
●youtubeの規約



を踏まえた上で現在の法律や規約では
ギリギリの境界線で動画を
投稿していくというのが手法です。



つまり、しっかりとこの辺りの

コンプライアンスを知った上で、逆手にとっていこう
というのがこのエビルユーチューバー
(Evil YouTuber Subject)の趣旨です。



ですので、一見同じように思えますが


「アカウント削除覚悟でバンバン違法動画を投稿して

稼いでいこう!」というノウハウとは

全く別物という事ですね。



エビルユーチューバー(Evil YouTuber Subject)の

優れた点として



■ 動画を独自に作る必要がない

■ 顔出しをしなくてよい

■ ある程度、削除に対するリスクヘッジができている。




この点ですね。



だだし、「虎の威を借りる狐」的な側面は少なからず

あると思います。



ただ、稼ぐといういう事に主眼をおくと

このグレーゾーンが実は一番稼げるという

のも事実ですね。



この辺りに抵抗がなければネットビジネスや動画初心者にとっては

良い選択肢だと思います。





エビルユーチューバーの詳細と購入はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加